スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型にも早く効く シオノギが抗インフル新薬(J-CASTニュース)

 新型インフルエンザの感染拡大が心配されるなか、塩野義製薬が新しい抗インフルエンザ薬「ラピアクタ」を、2010年1月27日に売り出した。「タミフル」「リレンザ」に次ぐ新薬で、世界初の点滴剤として注目されている。

 「ラピアクタ」の開発にかかわった長崎大学病院の河野茂院長は、「重症でなければ外来で、わずか1回15分間の点滴でタミフル5日間分と同等の効果があり、完治します」と話す。副作用も少なく、インフルエンザにかかると長引きやすい糖尿病や慢性呼吸器疾患などの重症患者や、小児も使いやすいという。

■タミフルやリレンザと違い、初めての「国産」薬

 09年来、猛威をふるっている新型インフルエンザだが、抗インフル薬としては、カプセルやドライシロップなど経口型の「タミフル」や、吸入して使用する「リレンザ」が、世界中で用いられてきた。

 「ラピアクタ」は、タミフルやリレンザと同様に、インフルエンザウイルスの中に存在する「ノイラミニダーゼ」という物質を阻害することで治療する。タミフルやリレンザに次ぐ、第3のノイラミニダーゼ阻害薬であり、初めての「国産」薬だ。

 長崎大学病院の河野院長は、「ラピアクタは点滴剤なので、予防よりも治療が目的です。しかし事前に投与することで予防できますし、通常の季節性インフルエンザだけでなく、新型にも、また試験段階では鳥インフルエンザにも効くことがわかっています」と話す。

 インフルエンザの治療ではこれまで、患者の症状によっては投与した薬剤の血中濃度を高く維持することが必要な場合があり、経口剤や吸入剤では追加投与ができないこともあった。また、経口投与がむずかしい患者への対応策もなかった。

 その点、ラピアクタは点滴剤なので、糖尿病などにかかっている重症患者にも繰り返し使える。他の薬を服用している患者について、シオノギは「ラピアクタは、他の薬剤との相互作用は起きにくく、臨床試験においても他の薬剤との相互作用による副作用は観察されていません」と説明している。

■24時間以内に過半数の患者が平熱に回復

 臨床試験では、成人の場合は治療開始(1回の投与)から24時間以内に過半数の患者が平熱に回復するなど、タミフルよりも早く効果が表れた。治るまで毎日服用しなければならない経口薬などは、快方に向かうと飲み忘れることも多いのに対して、点滴剤であればそのようなことがなく、確実な効果が期待できる。

 「ラピアクタ」のもう一つのメリットは、小児にもよく効き、しかも副作用が少ないことだ。シオノギが小児(2~15歳)約100例を対象に新型インフルエンザに対する効果を調べたところ、薬を投与して平熱に回復するまでの時間は平均約20時間。成人よりも約10時間短く、より早く効くことがわかった。副作用の発現率は27.6%だったが、下痢や嘔吐などの消化器症状が主で、いまのところ投与による小児の「異常行動」も現れていないという。

 小児用についてはまだ未認可で、シオノギは年度内に追加申請する方針だ。


■関連記事
新型インフルエンザ対策 子供向け「マスク」購入急増 : 2009/08/21
プロ野球、学校の試合も握手自粛 新型インフルエンザ対策 : 2009/08/26
新型インフルエンザの「危険性」 「持病」なくても重症例増える : 2009/09/16
新型インフルと製薬会社 「癒着し大げさに」説紹介 : 2010/01/20
インフル感染で飛び降りなど「異常行動」151例 厚労省調べ : 2009/12/01

<奈良・若草山>春呼ぶ山焼き 古都の夜空焦がす(毎日新聞)
第2次補正予算案 成立へ 鳩山首相、守りで“逃げ切り”(毎日新聞)
<元看護師殺人未遂>時効成立、夫「逃げ得許さない」 大阪(毎日新聞)
組幹部殺害容疑で男再逮捕=金銭トラブルが背景か-警視庁(時事通信)
無許可産廃処理 業者ら4人逮捕 容疑で兵庫県警(産経新聞)
スポンサーサイト

<陸山会土地購入>石川議員ら3人、10日間の拘置延長に(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、東京地裁は25日、政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕された同党衆院議員、石川知裕容疑者(36)ら3人について、2月4日まで10日間の拘置延長を認める決定を出した。

 他に拘置延長されたのは公設第1秘書の大久保隆規(48)と元私設秘書の池田光智(32)両容疑者。国会開会中に議員の拘置延長が認められた場合、国会法は、内閣が議員の所属する議院の議長(今回は衆院議長)に対し通知するよう定めている。

【関連ニュース】
小沢事務所:別工事でも受注謝礼要求 年2000万円
小沢幹事長:虚偽記載関与を否定 聴取後に会見、文書配布
小沢幹事長:「陸山会貸付に関する経緯の説明」全文
中国:小沢幹事長聴取を速報 「日本の政治地震」
小沢幹事長:地検が事情聴取開始 土地購入原資など説明か

沖縄・読谷村の死亡事故、ひき逃げで米兵起訴(読売新聞)
【島の風景2010】隠岐・島後 島根県(産経新聞)
代替不可能な遺伝子にも代役=iPS細胞作製法、マウスで成功-シンガポール(時事通信)
4億円の原資、説明変えた理由語らず…小沢氏(読売新聞)
今滝さん、行方不明直前はタクシーを連日利用 神戸の女性講師不明事件(産経新聞)

「オケひな」でウィーンフィル歓迎=埼玉県川口市〔地域〕(時事通信)

 埼玉県川口市の川口総合文化センター「リリア」に、楽器や指揮棒を持ったひな人形が登場した。
 同センターは毎年、ひな人形を展示。今年は、11月に小澤征爾さん率いるウィーンフィルハーモニー管弦楽団による県内初の公演にちなんでオーケストラをテーマにした。バイオリンは市販のものを使ったが、クラリネットやコントラバス、ハープなどは職員が手作りした。
 また小澤さんが食道がんの療養中なのを受け、一日も早い回復を願い小澤さんへのメッセージコーナーを併設。集まったメッセージは小澤さんに届ける予定だ。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕丹波篠山で磁器作り、参加者募集中
〔地域の情報〕3月にバーサーロペット・ジャパン開催=旭川
〔地域の情報〕伝統ウォームビス「ねこ」で仕事=長野県
〔地域の情報〕食べてみて!北上コロッケ=岩手
〔地域の情報〕赤穂線沿線かきまつり=兵庫・岡山

小沢氏、説明責任果たす=聴取後会見を評価-平野官房長官(時事通信)
寒さに強いぞ岩手県人、最も寒がり秋田県人(読売新聞)
岡山選挙区から出馬を拒否=自民・片山氏、県連要請に(時事通信)
小沢氏、続投を表明=「職責を全う」(時事通信)
火災 住宅全焼 16歳、12歳の姉妹焼死 千葉・市原(毎日新聞)

<恐喝容疑>出版社社員ら8人逮捕、高額本売りつける 岡山(毎日新聞)

 偽の同和、右翼団体を名乗り、人権問題などに関する書籍を高額で売りつけたとして岡山県警は21日、出版社「エス・ビー・ビー」元岡山営業所長で現関西支店長の小鷹幾也容疑者(62)と同営業所勤務の社員6人、元社員1人の計8人を恐喝容疑などで逮捕、本社(東京都北区)、岡山営業所(岡山市)など14カ所を捜索した。

 逮捕容疑は09年2~8月、実体のない政治団体を名乗って岡山や広島県内の会社など6カ所に電話をかけ、「うちには若い衆が大勢いる。若い衆を行かせようか」などと脅し、1冊5万~6万円の人権問題の関連書籍を売りつけ、計28万円を脅し取ったとされる。【石戸諭】

【関連ニュース】
脅迫容疑:交際迫った学生逮捕 少女宅全焼 大阪
書籍恐喝販売容疑:えせ同和の出版社捜索 岡山県警
恐喝容疑:書籍の強引販売で出版社強制捜査へ 岡山県警
脅迫容疑:民主党本部に銃弾?入り封筒 テレビ朝日にも
火炎瓶騒ぎ:小沢氏宅近くの路上 男を逮捕

回らぬ風車、控訴審判決は「つくば市の過失が大」早大の賠償を減額(産経新聞)
美少女フィギュア万引、千葉県警警部を逮捕(産経新聞)
<陸山会土地購入>小沢氏資金、「積み立て」記載漏れの疑い(毎日新聞)
18年ぶり対峙「反省していないのですか」と菅家さんの声に、元検事は謝罪せず 足利再審(産経新聞)
政府、ハイチに援助隊派遣決定(産経新聞)

「国民の理解得る」小沢幹事長、民主幹部に(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長は20日夜、都内の日本料理店で輿石東参院議員会長ら参院幹部らと約1時間懇談した。

 出席者によると、小沢氏は自らの資金管理団体の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件について、「ご迷惑をかけて申し訳ない。修正や訂正で済む形式犯だが、私だけ狙われるのは不徳の致すところだ。近々に国民に理解してもらえるような状況をつくりたい」とあいさつしたという。

日教組 きょうから教研集会 消えた「対決姿勢」 地方組織と温度差(産経新聞)
囲碁十段戦、挑戦者に山下棋聖(産経新聞)
「カルガモ走法」でETCすり抜け=計460回か、運送業者逮捕-兵庫県警(時事通信)
「戦ってください」密談バラした首相の真意(産経新聞)
<ポカポカ陽気>もう春?延岡で20.4度(毎日新聞)

障害者自立支援法 和歌山地裁和解へ(産経新聞)

 国と原告側が終結に合意していた障害者自立支援法をめぐる違憲訴訟のうち、和歌山地裁で係争中の訴訟が22日、大西嘉彦裁判長の勧告に基づき、4月9日に和解する見込みとなった。

 この日の口頭弁論で、日程が決まった。

 訴訟は全国14地裁で係争中。今月7日に長妻昭厚生労働相らと原告団、弁護団が厚労省で会い、(1)福祉サービスの利用量に応じて負担額が決まる現行の「応益負担」を速やかに廃止(2)平成25年8月までに自立支援法に代わる新たな制度を実施すること-などを明記した合意書に調印。今後は各地裁での和解を軸に終結させる方向が決まっていた。

山本グループ5人で発足=自民(時事通信)
政治とカネ、どこ吹く風 民主「予算優先」(産経新聞)
<直木賞>白石一文さん、佐々木譲さんに 白石さんは初の親子受賞(毎日新聞)
遺体、不明の元社長と確認=栃木の井戸で発見-鹿児島県警(時事通信)
現場マンションに指紋 59歳男、近く再逮捕 南青山強殺容疑(産経新聞)

【月と太陽の物語】明石海峡大橋 だるま×だるま(産経新聞)

 距離にして約30キロから50キロ。大阪から明石海峡大橋をとらえようという挑戦を始めてまもなく1年だ。

 なんとか大橋と夕日、満月を一緒に写しこみたい。場所探しからスタート。夕日が沈む方角を調べると、春と夏から秋にそれぞれ1カ月半ほど撮影可能なシーズンがあると分かった。月はさらにやっかいだった。沈む方角や時間がさまざまにかわる。

 そして春霞や黄砂に阻まれることも。とにかく、天気が良く遠くまで見渡せるような澄み切った日が必要だ。気象衛星の雲画像を参考に、大阪市浪速区の会社の窓から西の空の視程を確認する日々が続いた。遠くの山まではっきりと見えていれば、第一段階はクリアだ。

 そして条件のそろった日はやってきた。夕日の沈む方角を計算し明石海峡大橋が見える場所を確認。場所は、大阪府高石市の臨海地域と決めた。阪神高速湾岸線を南下する車窓から明石海峡大橋がくっきりと見えるかどうか、これが最終確認だった。

 「よし、今日はいける」。太陽が真ん中を射抜いた。水平線に近づくと、大気の温度差で、太陽の下に逆転層ができ、もう一つ太陽があるように見えた。蜃気楼(しんきろう)の一種といえばいいのだろうか。見かけがだるまに似ているため、カメラマンの世界ではだるま太陽とニックネームを付けられている現象だ。

 月の撮影は予想通り難しかった。まず、満月の日の前後が晴れていること。視程が良いこと。沈む方角に大橋があること-という条件をすべて満たさねばならない。

 チャンスは年に数回。しかも、夜間だと視程がいいのかどうかの確認がとれない。低空に雲があるかどうか分からない。さらに、満月の輝きが夜明けの明るさに負けてしまい、満月を見失ったこともあった。

 寒さが厳しくなった満月の夜、やっと条件に恵まれた。

 ファインダーにとらえた月は、だるま太陽にならえば、だるま月とでもいう奇妙な形だった。(写真報道局 山田哲司)

センター試験 東武線事故で5会場一部繰り下げ(産経新聞)
預貯金感覚で「ギフト」ゲット…「株主優待」魅力ある分リスクに注意(産経新聞)
預貯金感覚で「ギフト」ゲット…「株主優待」魅力ある分リスクに注意(産経新聞)
JACボンバル機、大阪・伊丹へ引き返す 車輪格納できず(産経新聞)
トラフグ低温養殖で8割超が雄 白子の収量大幅アップ(産経新聞)

【遠い響・近い声】特別記者・千野境子 年賀状に見る意思と雄弁(産経新聞)

 大みそかから新年へ、1日過ぎただけなのに空気が改まる。年末、途中で投げ出したいと思った賀状書きの苦労もコロリと忘れて、届いた年賀状を心も新たに読む。

 今年もそんな何時に変わらぬ正月を過ごした。仕事柄、知らない方々からも頂く。記事を媒介に、どこかで繋がっている方々。

 吉村昭氏の作品で題名は覚えていないが、胸を突かれる後書きがあった。どんな題材も、どこかにそれを自分以上に知る人がいる。姿も声も分からないが必ずいて見ている。確かそんな内容だった。書くことは畏(おそ)れとともにあるのだと、粛然としたのを思いだす。

 見知らぬ、多分読者の方からの便りを読むとき、似た思いを抱く。今年の賀状でもそうだった。

 「今この時も我々(われわれ)は寡黙に任務を遂行中です」

 これは陸上自衛隊西部方面隊の方からだ。駐屯地を訪れたことはない。なぜだろうと考えて昨秋、与那国島へ自衛隊誘致の話を取材し報じたことに思い当たった。誘致の話は政権交代で宙に浮いた。正月、島の町長が防衛相に陳情したことをベタ記事が伝えていた。与那国島は沖縄本島などとともに西部方面隊に所属する第1混成団の守備範囲なのである。

 もう1枚の文面はこうだ。

 「新しい年を迎えるというのにいつまで子供係の女性に時代おくれのことをしゃべらせておくのでしょう」

 子供係とは少子化担当?ああ、あの閣僚のことと気づいて微苦笑させられた。差出人は海外情勢に興味を持っている80歳の女性で、他の国の米軍基地の対応を教えてほしいとあった。

 2通が期せずして示唆しているのは、普天間問題に象徴される同盟のきしみや外交の混乱への懸念だろう。そして賀状の背景には、懸念を共有する、さらに多数の読者=国民がいるはずである。

 寡黙に任務を遂行中という表現に私は逆に意思と雄弁を感じる。猪木武徳氏も正論欄(13日付)で書かれていたように、「語るべきこと」を語らず、「語らざるべきこと」をてんでん勝手にしゃべり、撹乱(かくらん)する閣僚が多いだけに沈黙がなおさら意味を持つのである。

 今この時も、西部方面隊は日本にとって今やもっともセンシティブな領域の防衛に当たっている。年末のためか、あまり注目されなかったが、中国は離島の管理強化などを定めた「海島保護法」を成立させ、3月から施行する。

 2006年には海洋大国を宣言した中国が、法整備も含めて海洋権益の保護徹底に着々と乗り出している証だ。日本の海洋基本計画の動向にも並々ならぬ関心を示していることに、日本の当局者はもっと敏感になってほしい。

 最後にもう1枚。

 「人間の愛情は祖先を敬い親を思い妻を思い兄弟を思い大にして国家を思う 樋口一葉」

 温泉旅館の主という方からの賀状にあった添え書きである。

 出典は書かれていないが、確かに、例えば一葉日記を読むと、「たけくらべ」などのイメージとは異なる、家族を思い世の出来事に興味津々で国を憂う硬骨の一葉が随所に登場する。しかも、家族と国家の同居が自然である。一葉の感性と同時に、明治とはそういう時代だったのだろう。

 「国民のために」「国民の生活が第1」「国民目線で」と、国民の1人の私など辟易(へきえき)するほど国民が乱発されながら、国が見事に欠落した今日となんと対照的なことだろう。

<坂本龍馬>妻お龍と初の合同法要…真木よう子さんも出席(毎日新聞)
酸素吸引中に喫煙し火災…6年で26人死亡、厚労省が注意喚起(産経新聞)
<野良猫>競輪場バンクに侵入 対応に苦慮(毎日新聞)
空き巣後に家人に鉢合わせて刃物  事後強盗容疑で男逮捕 新宿署(産経新聞)
たばこ製造販売「国民的議論待つ」=元喫煙者の請求棄却-横浜地裁(時事通信)

<雑記帳>遠野の「語り部」289人を認定(毎日新聞)

 「語り」によって地元の昔話や文化が受け継がれてきた岩手県遠野市で17日、現代の「語り部」289人が認定された。今年は「遠野物語」発刊100周年。市は記念事業として1000人の育成を目指す。

 専門の講座を受けた市民や、学校の総合学習で学んだ子供たちが「昔話」「郷土芸能」など5分野で試験を受け、それぞれの認定証を受け取った。早くも「伝統文化を伝えたい」と意気込んでいる。

 今後は市内4カ所の空き店舗に開く「語り部スポット」や、JRと計画するツアーなどで活動する。1000人まで増えれば、ラーメン店やタクシー内で「語り」が聞けるようになるかも。【宮崎隆】

石川衆院議員 東京地検が逮捕…政治資金規正法違反容疑(毎日新聞)
「捜査が進めば小沢氏が判断」=説明に期待-鳩山首相(時事通信)
<石川衆院議員>東京地検が逮捕…政治資金規正法違反容疑(毎日新聞)
新型とB型のインフルで初の重感染か―4歳男児、堺市で(医療介護CBニュース)
入院基本料の「適正化」、引き下げなら反対-日医(医療介護CBニュース)

「参政権法案、必ずしも公約でない」平野長官(産経新聞)

 平野博文官房長官は13日午後の記者会見で、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について「民主党のインデックス(政策集)に記載していることは事実だが、インデックスに書いたものは全部公約なのか、ということにもなるから」と述べ、法案は必ずしも選挙公約ではないとの認識を示した。

 また、平野氏は午前の記者会見では「連立政権だから、この問題についても(与党内で)当然議論しなきゃいけない。法案の中身がある程度出てくれば、基本政策閣僚委員会で議論する」と述べ、法案提出に際して連立与党間の合意が必要であるとの認識を示した。

 一方、赤松広隆農水相が12日の民団パーティーで「民主党中心の政権で、地方参政権問題が解決するとの思いで応援してくれたと思う。その意味で公約を守るのは当たり前だ」と発言したことについて、平野氏は「そうは言ってないんじゃないか」とだけ述べた。

【関連:外国人参政権】
「参政権は民団への公約」赤松農水相が公言 選挙で支援認める
首相「日韓併合100年というタイミングでもある」
【民団新年会でのあいさつ要旨】(上)民主・山岡氏「全力で取り組む」
「理屈通らない小沢理論」帰化促進にはならず
なぜ?外国人参政権法案で歯切れ悪い自民 反対は多数だが…

自民党がどう変わろうと国民には関係ない(産経新聞)
西日本で大雪の恐れ=低気圧急発達、日本海側暴風-気象庁(時事通信)
<首相補佐官>10人体制へ…民間人5人起用 首脳会議方針(毎日新聞)
鳩山元総務相も贈与税納税=5億3600万円、実母から資金提供で(時事通信)
<普天間移設>辺野古は困難…防衛相「越年で覚悟」(毎日新聞)

解散政党の寄付禁止を=法案再提出へ-自民(時事通信)

 自民党の川崎二郎国対委員長は12日の記者会見で、解散を決めた政党が政党交付金を別団体へ寄付することを原則禁じる政党助成法の改正案を、18日召集の通常国会に提出することを明らかにした。既に寄付したものでも国庫に返納できるよう、公職の候補者の寄付禁止を定める公職選挙法の適用除外規定も併せて盛り込む方針だ。 

首都高逆走、91歳死亡…衝突被害車の3人けが(読売新聞)
首相「武器3原則を守る」、防衛相発言を批判(読売新聞)
北海道・根室で震度3(時事通信)
「歌会始の儀」 両陛下や入選者の歌(産経新聞)
外国人参政権法案「理解得られる」と首相 「日韓併合100年というタイミングでもある」(産経新聞)

都心で初雪観測=気象庁(時事通信)

 気象庁は12日、東京(大手町)で初雪を観測したと発表した。平年より10日遅く、昨冬より3日遅い。 

運転しながら陰部露出=海自隊員、公然わいせつ容疑-神奈川県警(時事通信)
レトロ列車で出会いの場「婚活2時間半の旅」(読売新聞)
<X JAPAN>米ハリウッドでビデオ撮影 ファンら魅了(毎日新聞)
名古屋中央卸売市場で火災、事務所の男性重体(読売新聞)
<通常国会>18日召集 閣議決定(毎日新聞)

かるた 西郷六段が12連覇 名人位戦(毎日新聞)

 小倉百人一首の日本一を競う「第56期名人位・第54期クイーン位決定戦」(全日本かるた協会主催)が9日、大津市の近江神宮であった。名人位戦は史上最多11連覇中の永世名人、西郷直樹六段(31)=東京都葛飾区=が挑戦者の会社員、三好輝明七段(26)=福井県越前市=に3勝2敗で逆転勝利。前人未到の記録を更新し12連覇を達成した。クイーン位戦は、永世クイーンの立命館大2年、楠木早紀六段(20)=京都市上京区=が、2度目の挑戦となる吉峰翼六段(27)=埼玉県戸田市=に2勝0敗で勝利。6連覇を果たした。

【関連ニュース】
かるた始め式:平安装束の「かるた姫」ら…京都・八坂神社
注目ドラマ紹介:成海璃子、初の時代劇でかるた好きの町娘に NHK「咲くやこの花」
まちかど:競技かるた女王に挑戦 吉峰翼さん、戸田市長を表敬 /埼玉
楽しむナビ:百人一首かるたで遊びたい。
新春かるた大会:華やかに争奪--米子南高 /鳥取

ひろゆきのブログ
薬剤師募集中!
クレジットカード現金化 比較
無料ホームページ
ショッピング枠現金化
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。